Welcome Guest
ログイン
会員ID:

パスワード:




つれづれ - 最新エントリー

噛んで美味しいサプリメント!!

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2014-7-27 23:09

「人参ジュースを作るのが毎日大変!!」
「時間が全然足りない!!」
「薬も飲まないといけないし、サプリメントも摂取したら食事が取れない!!」
「サプリメントは美味しくない!!」

e-クリニックを続けていると様々な声が沢山入って来ます。

健康補助食品(サプリメント)が昨今の様に認知されていない数年前までは、
自分で出来ることといえば食事を改善することから始まり様々な食事改善をされ
今までとは違う大変さも増えた事と思います。
その中でも人参ジュースを作るのが大変と言う声が今でも多くあります。

勿論、人参ジュースはe-クリニックでも推奨している方法の一つですが、
これに時間を取られて、他に何もできなくなってしまい、
余計にストレス負荷が掛かってしまうのであれば本末転倒だとも考えます。

その様な声を聞いて出来上がったのが、e-クリニックのベーシックサプリメント
(通称:ベースサプリ)のeマルチビタミンαです。

えっ!eマルチビタミンαがなんで?
ただの健康補助食品(サプリメント)じゃないのと思っている方がいらっしゃるかもしれません。

確かに健康補助食品(サプリメント)ですけどただのサプリじゃないですよ。
e-クリニックのベーシックサプリには歴史があるんです。

それは皆様と共に歩んできた歴史です。
※サプリメントヒストリーは、こちら
※会員以外の方は、こちら(e-コメントページの記事がご覧いただけます)

話を戻しますが、人参ジュースはとても良い。
野菜が持つファイトケミカルが身体には良いと言うことで
e-クリニックでも人参ジュースを作り、飲むと言う事に対してNoとは言いません。

が、それが「大変」になっているのであれば無理せず、
出来る量+αにした方が良いと言うことです。
その+αが、他の食材やサプリメントでの代用と言うことなんです。

「サプリメントは美味しくないからな?」・・・そう思っている方。
e-クリニックの新しい「eマルチビタミンα」のサプリメントを試してみてください。

これは「マルチビタミンのサプリメントは美味しくない」と言う常識を覆すものだと自負します。

今までのマルチビタミンは、その性質を最大限に活かす為に
ビタミンの味そのものを大事にして来ました。
また素材を天然ものにこだわりました。
なぜなら薬と形状が似ているサプリメントも水で飲み込むものと言う概念があったからです。

しかし、身体にいいものであっても「沢山の水を飲む。」、
「美味しくない」と言うのは様々な治療をされている方には大きな負担となり、
“栄養を摂取する”と言うよりは“薬を飲む”と言う行動と同じことだと気づきました。

で、新しいeマルチビタミンαは“国産でできるいいもの”にして
水が無くても美味しく食べられるものとして生まれ変わったのです。

水が無くても食べられるから“いつでも”、“どこでも”手軽に栄養補充ができる。
これはこれからの先を考えた改革です。

健康でありつづける為に、美味しく栄養を摂る。
皆様のこれからの先を考えた栄養の摂り方の選択肢の一つに!!

e-プロバイオミン、eマルチビタミンαは、 水無しで食べられるベースサプリです。

是非、そのまま噛んで食べてみてください。
くせになりますよ。

あれ?!ホームページが・・・

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
maeda 2014-7-22 0:14

こんにちは

お気づきでしょうか?e-クリニックのホームページのTOPページが若干変わっています。

先日娘が「e-クリニックのTOPページ変やでぇ、 ウイルス感染してない?」
・・・なんていうものですから
「え!!なんでぇ?」と・・・?

ああそうか・・・
遠隔操作でいたずらされてる?
そう思われている方もいらっしゃたかもしれません。(笑)


スーパーマン姿のドクターなんてイメージできませんよね。
(なぜスーパマンなのかは秋の東京セミナーにご参加いただければ分かるかも)

TOPページに載っているイラストはe-クリニックの個性豊かなスタッフドクターのキャラクタ-イラストです。


娘のような誤解を避けるために急きょ(とりあえず)ネームをいれておきました。m(__)m

≪before≫

≪after≫

 

 

 

 

 ←ちなみにこちらは橋本医師です。

 

 

 

 

 スタッフ打合せでは、ここ最近のテーマで、(硬い!地味!・・な)ホームページのイメージチェンジを図ろうと盛り上がってます。
その一環がこちらのイラスト
ドクターをはじめスタッフのキャラクターイラストも追加予定です。
随時いろんなところに出没してくると思いますのでこうご期待あれ!!

 

 

 

ポーターズペイントと土山人

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-7-18 11:33


さぁ-そろそろ梅雨明けからの3連休ですね。

皆様は何処に行きますか?^^
私は、3連休ではないのですが、合間合間で休んでリフレッシュの予定です!!

で、この写真は先週のものなんですが、



関西でワークショップを催されている京都のインテリア末永さんの指導の下、
淀屋橋・北浜のレトロビルの壁面の壁塗りを体験してきました。

使用したのは「ポーターズペイント」と言うオーストラリア生まれのペイント。
素人が塗っても綺麗に仕上がる(指導を受けて)と言う優れもの。
更にアクリル系の水性塗料なので、シンナーのような匂いはありません。

自宅やお店のリフォームで内装を何か特徴的なものにと言う人には
素材、質感を考えると結構お薦めのアイテムだと思います。

猪毛の刷毛でのペイントは朝から始まって夕方過ぎまでと
結構がっちりやって無事終了!!

細かい所は、本職の方にお任せして体験を終えました。

仕上がりは食材の物販とカフェとして9月にオープン予定
と言うことなのでその時にまた御紹介したいと思います。

で、がっつり働いた後には今ならではの御蕎麦を食べに連れて行ってもらいました。
それがこちら

 土山人の夏の風物詩「すだち蕎麦」

美味しそうでしょ!! 実はこれ本当に美味いんです。
スライスされているので酢橘も美味しく戴けます。
ちょっと贅沢なお蕎麦ですが、冷たいお蕎麦と蕎麦焼酎の熱燗の組み合わせが最高でした。
お店の雰囲気も良く、ちょっとしたリラックス空間を求めに足を運ぶのも良いかもしれません。


     

ポーターズペイントHP・・・・・・・・・・関東方面の方で、リフォーム、内装に使いたいと言う方        
http://porters-paints.com/

インテリア末永さんHP・・・・・・・・・・近畿圏の方はこちらを「福岡の紹介で来ました」が効くかも^^
http://www.is-kki.com/

土山人HP・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すだちお蕎麦が食べてみたいと言う方はこちらから
http://www.dosanjin.co.jp/menu/

管理栄養士と一緒に作るレシピ!!

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-6-3 19:08

6月1日、日曜日快晴のお休みの日に皆さん何されてましたか?

私は、e-クリニックスタッフの管理栄養士でもある
小島京子さんの健康料理教室(in京都)に参加して来ました^^



実は、公の場所で実施するのは初めてで教室にある備品の勝手が判らず、
みんなで宝探し状態で調理教室が始まると言うところがまた楽しい。(笑)

参加者で男性は私だけでしたが、意外とこういう教室も面白いもので
楽しく参加というより数十分で馴染んでしまいました。

男性の皆さん!新しい趣味として料理教室に通うのもありかもしれません(笑)

さて今回の課題は「美味しい玄米ご飯を炊いてみたい」と
「玄米ご飯に合うおかず作れるようになりたい」の2点。

で、当日与えられたレシピ品目は合計7品。

・玄米菜飯
・板麩の野菜ロール
  大根サラダ
・小松菜の胡麻和え
・黒ごま豆腐
・根菜の御味噌汁
・人参ゼリー

前振りでレシピの説明があった後、実際に調理に入る訳ですが
それぞれがレシピ見ながら出来る事をするのですが、
段取りが解らないところは先生を呼び、先生がお手本を・・・。

他方では、また違うレシピを進行させて先生を呼ぶ。
若い先生は返事をしながらあたふたと教室内を歩き回る。

なんとも見ていて楽しい(笑)

勿論、小生も御手伝いは致しましたよ。
そんなこんなで約1時間半くらいの調理が終わり。
試食タイム!!

 

お味?

美味でなければつれづれに記載できないですよ?^^
中々、美味しかったと私は思います。
何より玄米菜飯が玄米飯っぽくないのが良い!!

ただ、いつものご飯の様な柔らかさなので飲み込んで食べてしまいましたが、
それだけ柔らかく炊けると言う事です。

個人的には黒ごま豆腐と人参ゼリーが推しです。
えっ?自分が関わったから推してるんじゃないかって?

いや全部美味なのですよ、その中でもこの2種は帰ってから作りたいと言う品でした。
次回は、いつ開催?するのかまだ未定ですが間違いなく楽しく、美味しいので!!
作るも食べるも料理好きな方、ご参加あれ。

(そもそもアシスタントも居ないので小島京子先生、一人では大変かな^^;)

元町eサロン

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2014-5-26 10:22

明治7年5月20日、時の県令神田孝平によって名付けられた神戸元町通り。
そのど真ん中で小さながん患者の集いが開かれました。

 

 

一から始まる皆で作る会。
患者会とは?集まる意思、目的とは?

全てにおいて白紙。
そうこれからの人生もみんな同じく白紙。

決められた人生を歩むのではなく、
白紙の人生の先を彩るのは今の自分自身。

そんな第一歩の会になればと期待しつつ様子を伺う。

正直な話、4-5名集まれば初回にしては恩の字と考えていた。
あるマンションの1室なので総勢20名も入れば満員御礼な部屋、Bestは10-15名。

開始直前オートロックの解錠を要求する呼鈴が鳴り響く。
総勢13名、世話役1名、参加者10名、家族1名、私。

一先ず、自己紹介を兼ねて一言ずつ状況を話してもらう。
病院や治療での不満ごとからどういう治療を受けて改善したのか?
治療をしていく上で学んだ事、そしてこれからどうすべきなのかなど。

人が集まるだけで笑が生まれ、改善策が見え、すべきことが見えてくる。
会話の中で「出来るだけガンの事を忘れる」と言う表現があった。

確かにその通りである。人は意識すればその事ばかりに気になってしまう。
ましてや聞けば聞くほどネガティブな話ばかり。

いつの間にか頭が重くなって下ばかりを見てしまう。
「どうせ死ぬんだ」、「何をやっても駄目なんだ」と塞ぎ込んでしまいがちであるが、
そこから這い上がる、抜け出す方法を患者会は知っている。

「いつかどうせ死ぬんだ」、「やってみて駄目だったら次のを試そう」と割り切ってしまえれば
重たかった頭は軽くなり自然と前や上を向ける。

患者会で一番大事なのは、此処だと思う。
「同じ様な考えや経験を乗り越えてきた人たちが居る」

この人達に出逢う為に患者会に参加する。
自分と同じ様に入口で躓いた人達の背中を支えてあげる。

私がイメージする患者会である。

やがてそこから会として何か生まれれば更に嬉しいが今はまだ生まれ始めたばかり。
欲を出してはいけない。

一歩一歩、ゆっくりと・・・・。

補記:会の中で交わされたいた言葉、単語。
「瞑想する事が大事」、「意識を変える」、「e-クリニックで自信がついた」
「気功や笑が良い」、「玄米菜食自分なりに工夫」、「砂浴」、「ラフターヨガ」、「郭林新気功」etc

北摂の美味しいもん屋 -外食MAP in北摂-

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-5-19 21:18

今回は、大阪の北摂にある「日本料理レストラン RAKU」さんにお邪魔してきました。

このお店の推しは、実は「お野菜」なのですが、その他の食材もしっかり拘っていてとても美味でした。
ちょっと街中から外れているのですが土日やランチなど利用するには良い感じのお店です。

お店は祖母の代から3代目。最近リニューアルして
周りの町並との雰囲気に合わない住宅街に現れた不思議な空間は時間を忘れるくらい。

店主こだわりの日本酒はハーフサイズでお手頃価格に。
いつも気を遣ってくれてる方のために、たまにはちょっと贅沢な御時間をプレゼントするのに最適です。



日本料理レストランRAKUへはこちら

※RAKUで使われているお野菜は、これまた北摂能勢の御米と無農薬野菜及び減農薬野菜。
取り扱いは、「べじもんや Good-Sun

陽子線治療から尿療法、温泉情報まで

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-4-13 2:30

病院では会えないサバイバー達が集まる場所がある。
e-クリニックの会員さんが関わる患者会が幾つかある、
昨日はその一つの例会にお邪魔した。

最近は男性の参加者も増えて、話題も豊富。
私達が知っている情報の倍以上の情報で盛り上がる。

そして今日の主役は、初めて参加された若いご夫婦。
まさしく「かみさんが主治医」

全て奥さんが・・・ではなく、御夫婦で勉強し、考え、
良いと思った事を一つずつ吟味していく。

とても熱心に、冷静に、そして今をちゃんと見ている。
だから結果がついてくる。

その場に居る皆が話に聞き入る始末。
こんな情報交換もあって良いと思う。

そう思った例会でした。

さて話は少し変わりますが、ゼロ磁場と言う言葉を聞いたことがありますか?

「ゼロ磁場」というのは、電磁誘導でいう2つの磁界の方向が向き合って、
「ゼロ」になっている場のことです。
逆向きに同じ長さ、巻き数の電線を巻いた2つのコイルを向かい合わせて電流を通すと、
磁界の向きが正反対になるため、つくられるはずの磁場が打ち消しあって発生しません。

これを「ゼロ磁場」といいます。

つまり、2つのエネルギーが向き合うことによって、
本来発生するはずのエネルギーが見かけ上、ゼロになっている状態です。
でも、本当にエネルギーはなくなったわけではなく

力の同じ二人の力士が、がっぷり四つに組んで動かない状態と同じで、
両側から強い力で押しているのに、見かけ上静止しているように見えるだけで、
実際には双方からエネルギーが加わっています。

電気通信大学名誉教授で東海大学教授の佐々木茂美氏の研究によれば、
このように正反対の2つの磁界が均衡して、一見ゼロに見える場所から
「気」が発生しているというのです。

これがパワースポットと言われる要因だそうです。
こんな話で盛り上がるのも患者会ならでは^^

こういった場所では、不思議な現象も起きているとか、起きていないとか^^;
最後の神頼みではないが、同じ悩むならこういった場でゆっくり時間を楽しめば良い。

そんな豊富な話題だけでなく、例会はランチも美味い!

今回は、おからとカレーのバーグ、ミズナと新玉のサラダ、ブロッコリーのお浸し、煮物
個人的に興奮した里芋と玄米粉のポタージュ!!これはレシピが欲しい味でした。

次回は6月14日(土)!また直近になったらインフォメーションされると思いますが
一度皆様お越しあれ。

伊達マスク増加中

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-3-31 14:06

若者の間で伊達マスクが流行っている(普及?)そうだが、動機がどうであれPM2.5予防
やインフルエンザ予防には自分にとっても周囲の人に対しても良い対策の一つだと思う。
 

若年層でこういった動きがあるのに対して歳を重ねた熟年者層では
マスクを掛けて外出すると言うことに対して抵抗があるのか少ない。

ウイルスや菌、ハウスダスト全てをマスクで対処できるとは思わないが、
無いよりはあった方が体内に取り込むリスクを下げる。

また体内に侵入されるリスクを下げる為には、外から帰ってきたら手洗い・うがいは必須。
出来れば日頃から免疫力を上げておく意味も含めてマルチビタミンなどの必要最低限の栄養素は確保しておきたい。

日頃からリスクを下げると言うことに対して意識・理解・行動しておけば
いざ病に罹ったとしても軽い段階で気づく、もしくは対処できると考える。

マスクを着けて歩くと言うのが苦手な熟年層はせめてマルチビタミンなど
サプリメントを摂取して免疫力を高めておいて欲しいと思う今日この頃なのでした。

 


免疫力UPが健康維持や治療予防には必須になりつつある現代。
その身近で、手軽に、そして安価にできるのがe?クリニックの推奨するセルフ治療。

そんな驚きの情報発信はe?クリニックのコミニティールームで一般の方にも開放中。
色々なカリキュラムが曜日毎に組まれています。(と言ってもまだまだ少ないですけどね)

そんなコミニティールームのイベント講座に
鍼灸師が教える自宅で免疫力UP講座が増えました。

鍼灸って中々馴染みがない方もあるかと思いますが、
実は中医学では気功と同様に治療法の一つとして使われたりします。

どうしても中国と言う国のイメージが払拭できない方も多いと思いますが
それはそれ、いいものはいいものと割り切って上手く利用していただければと思います。

それでも二の足を踏んでしまう方!

鍼灸師の中間先生の講座に来て見て、聞いて質問してください。
e?クリニックの会員さんなら無料。
一般の方の参加でもワンコインの500円で今まで未知数だった世界が判るのですから。

判りやすく、簡単に、そしてお灸の体験までついて
自宅に帰ってすぐできるポイントまで教えてくれる。

多分、いえ損は無いはず。

医療は病気が対象ですが、漢方、気功、鍼灸は未病予防から
治療まで対応できると言うのが良いところです。

「自宅で簡単免疫UP講座」は月1回、毎週第一水曜日の午後を予定しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

※写真をUPしたかったのですが、どうも上手く作動しない為記事のみ掲載しております。

 

新年のご挨拶 ?幸福堂?

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-1-7 16:20

新年おめでとうございます。

今年のお正月は本当に寝正月で過ごしてしまいました。
毎日お昼まで爆睡。
昼から起きて食事を摂って、夕食の準備をしてまたゆっくりする。

1日2食。動かないから摂取量も少なくて済む。
が、こんな生活をしていては駄目だと
ようやく重い腰を上げて2014年度初歩きを決行。

むかうは、生駒山!!
時々、歩く生駒山を今回は信貴山(南ルート)まで。
久しぶりに朝の新鮮な空気を吸い、大阪より寒い奈良の街を歩く。

いや?怠けた身体には最高!!
と言うよりも“寒すぎ!!”

それでも計画したならばまず実施!!
自分に負けるな!と行ける所までを
念頭に置きながら一歩一歩、前へと進む。

生駒駅から生駒聖天さんの宝山寺、生駒山頂、
暗峠、なるかわ峠、十三峠と三つの峠を上り下り。




信貴山のお隣高安山に着いた時には
両脚の太ももが激しく痙攣(笑)
脚が攣ることは時々あるが、両脚とも同時に攣ったのは今回が初めて、
本当に一歩も歩けないのである。

しかし、ここで時間が経つのを待っても解決には至らない。
ひざ裏に指を入れてゆっくりとしゃがむ、やや痛みが増すがドMの私としては
これも快感!。いや経験で何とか歩けるまで改善させて最終目的地である
信貴山ホテルにある信貴山温泉を目指す。

“残り30分”と言う看板が無ければ心折れていたかもしれないが、
なんとか頑張れた。

今年もなんとか頑張れるのではないだろうかと湯に浸かりながら感じた一年の幕開けである。

中国との関係があまり進展しないなか、隙間を掻い潜っての中医薬情報の収集と治療支援。
皆様にも多大なリスクをご承知のの上で利用していただいて居ること感謝しております。

今できる精一杯で本年度もスタッフ一同取り組む所存ですので
何卒、本年度もよろしくお願い申し上げます。

幸福堂代表 福岡正晃

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 9 »


本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.