Welcome Guest
ログイン
会員ID:

パスワード:




つれづれ - 最新エントリー

「facebook」へ移行

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
webadmin 2015-6-16 11:51
つれづれは「facebook」に移りました。
今後、「facebook」に記事を追加していきますので、よろしくお願いします。


ミニセミナーに参加して

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2015-2-23 14:27

先週の土曜日は岡本先生のミニセミナーに参加してました。

担当は別のスタッフだったのですが、調子を崩し急遽ピンチヒッターすることに・・・。
で、担当する=先生の話を聴くに繋がるのですが、久しぶりに聴くのも良い様な気がします。

と言いますのも大筋は変わらないのですが、要所要所の説明が増えていたり
新しい情報が入っていたりします。
そして最大のメリットは、参加された方とQ&Aの時間を取ってくれるのです。

今までは先生が長い時間お話する一方だったのですが、
説明を少し短めにして残りの時間を質問タイムにしてるのです。

そしてほぼ全員が質問し終えたらミニセミナーが終わるります。
これって、相談付きセミナーだったっけ?ってな具合です(笑)

終わってから岡本先生に聞くと折角時間作って来てくれているのだから
少しでも不安・悩みは解消させてあげたいと最近はこのパターンでいくそうです。

一般の方は、ワンコイン(500円)、eクリニック会員は無料でセミナーが聴けて、
参加したら質問・相談付き(勿論無料)のミニセミナーってお徳な気がします。

今回はスタッフ医師の谷口先生も見学に来られて、Q&Aにも一緒に入ってくださり
参加者にとっては二人の先生からの意見も聞けて良かったと思います。

5月からは、田中先生、谷口先生が交互にミニセミナーをしてくれるので
これまた皆様には朗報ではないでしょうか?
※詳しくはeクリニックHPに掲載されますのでまたご覧ください。

さて、次回の岡本先生のミニセミナーは3月24日(火)の平日です。
皆様のご参加お待ちしてます^^

あっ、小生(福岡)の中医ミニセミナーは明後日2月25日(水)13:00からです。
こちらも是非、是非、足を運んで戴けると幸いです。

患者さんは、沢山質問して良い!!

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2015-1-20 17:51

先週の土曜日、連携医師との打合せでした。

「患者さんは臆する事無く、もっと質問していい」
・・・・e?クリニックの先生達の一致の回答である。
 
今年は連携医師をもっと会員(患者)さんや一般の方との話の場に出て戴き、双方の想いを知って貰うことでより良い患者に適した治療環境づくりをしていきたいと考えています。
 
先生達も患者さんにQOLを下げずに治療を共に考え、元気になって欲しいなか、様々な情報に惑わされず自分の治療に辿り着いてほしい。私達医師は辿り着いた方々を全力でサポートしますと熱く語り、今後の展開、方針について調整し、また新しい情報の交換もしました。(新しい情報はまた岡本先生が纏めて戴けるとのことですのでお待ちください)
 
e?クリニックに関わる先生方と言うのは、本当に個性的。
 
でも心は熱く、勉強熱心で、タフネスな先生ばかり・・・、スタッフとしては付いていくのが精一杯ですがせっかくの先生方のその想いを繋げる(届ける)のが仕事。
 
大変ですが、楽しいです^^
 
否定する事ではなく足りないものを補うこと、自分でできる範囲は何でも取り入れる方針で、患者さんの立場に立って診療を行う医師達が家庭医(ホームドクター)って最高だと思います。
 
そんな先生達とはe?クリニックのセミナーで会えますので是非興味ある方はご参加ください^^
聞いて損は無いと思います。

※写真左から、田中一先生、谷口一則先生、岡本裕先生、堀信一先生、
藤島さん(スタッフ)、 堀篤史先生、私。 (1月17日撮影)

御屠蘇と七草粥

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2015-1-4 1:35

正月に家族で屠蘇を酌み交わすのには「一年の健康を祈る」意味があります。
屠蘇に用いるのは「大黄」「蜀椒」「桔梗」「桂心」「防風」「白朮」「虎杖」「烏頭」の
八種の薬草でこれを砕き、赤い袋に入れ、一晩井戸の中に吊るしてそのエキスを染み出させ、
元日にそれを袋ごと酒に浸して飲む。

飲み方は家長が年初めの挨拶をして屠蘇を神に捧げたのち、年少者から東を向いてはじめ、
順に年長者に杯が回っていきます。

今日の家庭では屠蘇を飲むと言う習慣が薄れてきていますが
由来を知ると年に一度の行事、やっておきたいですね。

さて正月行事の次に来るのが春の七草粥。
これもその年の「無病息災」を祈念するものであり、
古来から正月七日に「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の新菜を食べる風習である。

当初は、粥ではなく吸い物であったが、やがて米や稗、粟など七つの穀物を使った粥
と結びつき、「七草粥」となったとされる(※諸説ある)

【せり】消化を助ける効果があります
*田んぼのアゼなど湿った場所に生えるようです。

【なずな】視力に良いようです。目が良くなるのね
*なずなは別名ぺんぺん草だそうです。

【ごぎょう】吐き気や解熱に効果があります
*キク科の越年草とのこと。黄色い小さな花が咲くみたいです。

【はこべら】歯槽膿漏に良くて利尿作用の効果があります
*はこべらは別名「はこべ」です。

【ほとけのざ】歯痛に効果があります
*仏様の円座に似ているから「仏の座」と言うらしいのですが、
春の七草に使われるこの「ほとけのざ」は本当は「田平子(たびらこ)」というものらしいです。
よく知られている「仏の座」(しそ科)のものとは全く違うものみたいです。

【すずな】消化促進、しもやけ、そばかすに効果があります
*これはみんなが知っている「カブ」の昔の呼び方みたいです

【すずしろ】咳止め、神経痛に効果があります
*これもみんなが知っている「大根」の昔の呼び方。

また必ずしも七種の菜が入ったものではなく、せりとなずなといった様に一種、二種の菜
で作る場合もあった。

七草粥を作る準備は前日の夜から始まる。
七草を清浄なまな板の上にのせ、包丁やすりこぎで二八回たたき、
翌七日の朝にもさらに二一回たたいて粥に入れて炊く場合と
神棚の前でまな板の七草を一つについて七回、都合四九回、
包丁の背やすりこぎ、しゃもじ、お玉などでたたくとするものなど
作り方にも諸説ある。

いずれにしても、七草粥も身体の健康を祈願してのものなので
是非やっておきたい家庭の行事の一つですね。

 

お正月は、エネルギーを貰える日!!

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2015-1-1 11:47

新年おめでとうございます。

一年の最初の行事が正月の祝いであり、子ども達にとってはお年玉を貰える楽しい日であり、
大人にとっても旧知の知人からの賀状が届くなど気持ちが躍る。

この正月の本来の意味は魂(命)が新たになる月で、一つ年を重ねる日である。
「年神」を家に迎え、そこからはじまる一年を生き抜くエネルギーをもらうこと、
また、五穀豊穣を祈念する日です。

正月の食べものはその年神に供える神饌で、家族はその相伴に与ることでエネルギーを貰うのです。

皆様はエネルギーを貰いましたか?
まだの人は、年神様を迎えてしっかりとこの一年のエネルギーを貰ってください。

さてe-クリニックからのお年玉は無いのか?
まぁ-形としてのお年玉ではありませんが年末にスタッフ医師が集まって会議をしました。
話す内容は流石ドクターと言うべきか、治療や病気、今後の医療業界の表と裏話などなど

その中でe-クリニックで実施しているセミナーでのQ&Aの時間を再開させましょうかと言う話題。
以前は、あったのですが、「患者会をやって欲しい」、「サバイバーに会いたい」と言う声が多くなり、Q&Aの時間を今のスタイルに。

しかし、最近はスタッフ医師の出番も少なく本当に居るの?と言う声もあるので折角家庭医に一番近いスタッフ医師と交流が出来る様に今年のセミナーはQ&Aの時間を取りますので是非先生たちの意見を聞きに来てください。

もちろん、スタッフドクターそれぞれが自身の考えを持っているので全員が同じ解答と言うことでもありませんので自分に合うe-クリニックの先生方を見つけて戴けたらと思います。

今年の春のセミナーは東京が4月18日(土)、神戸が4月25日(土)です。
詳細は、またHPで公開すると思いますのでメルマガ、HPと小まめに閲覧ください。

ちなみに岡本先生のミニセミナーは毎月実施しております。
1月27日(火)が、岡本先生のミニセミナー
1月28日(水)が、中医ミニセミナー
になっています。是非是非ご参加ください。

本年度もよろしくお願い致します。


薬でがんを治せる日が来る?

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-12-12 0:25

永遠のテーマではありますが、実はまだまだ先の話かもしれないけれど
様々な所で研究は行われている。

そしてそれは人知れず日々進歩して居て欲しい。

「毒と薬は紙一重?」と言うテーマで約90分の講義を受けてきた先日。

薬になるか毒になるのかこれは過去の経験により薬になったか毒になったか
それが伝承されてきたものであり決して偶然ではなくデーターに基づいて作られている。

漢方も同じである。その研究者はそう言った。

講義の内容は、植物が持つ毒による誤食事故の話が多く、
決まって言うのは、自生しているもの、野草を自分で
採りに行くのではなくスーパーに売っている野草を買えば安全だと。

だからと言って毒が全て悪い訳ではなく、
医薬用に用いられるのもこういったものから作られたりする。

例えば、ツルニチニチソウはキョウチクトウ科の植物で、
ビンカアルカロイドと総称される一群の有毒成分を含んでおり、
これらのうちビンブラスチンには細胞分裂阻害作用があるために
抗癌剤として利用されています。


(ツルニチニチソウ)                   (キナノキ)

また、アカネ科キナノキはアンデス山系に自生しており、
樹皮にはマラリアの特効薬であるキニーネが含まれたりします。

この辺りは関係ある人しか必要のない情報ですが、
実は皆さんも良くご存じのモロヘイヤ食用にされている葉の部分は
有毒性はないのですが、種子やさやの部分には強心配糖体が含まれており
誤食すると目眩や嘔吐などの中毒症状を示すので食する時は十分注意してください。


(モロヘイヤの鞘)

健康のためにが、逆に身の危険にもなったりするのですね。

ちなみに岡本先生のトピックにも有りました珈琲に含まれるクロロゲン酸は
最近研究対象として注目を浴びているそうです。

その様な最新医科学研究の発展により遺伝子ベースでの研究手法が導入されたことによって
医食同源の根拠が推測ではなく、実測データーとして明示されるようになり、
昨今では植物由来の天然物と合成医薬との複合的な作用も検定されるようになり、
複合的な医薬開発研究が始まっているそうです。

今日の研究では、西洋、東洋の制限枠はなくなってきており
将来的には複合的医薬によってがんを薬で治療できる日が来ると言う
最後だけ私に何か訴えたいような講義でした。

講演者は、理化学研究所の名誉研究員のお爺様でしたがとても面白い時間を過ごしました。

特効薬はない!!時代から特効まではいかないにしても
抑えることのできる薬などはこの先出てくるのかも知れませんね。

世の中は少しずつ進化している、私達も考え方を時代に
併せて進化しなければいけないそう思えた講義でした。

「頭で考えるのではなく、Bodyに聞け(感じろ)」

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-11-26 15:01
東京セミナーに続いて、神戸セミナーも無事開催する事ができました。
感謝致します。
※秋季セミナー報告はこちら(会員ページ内なので、会員のみ閲覧可能です)

午前中は、岡本先生の講演でしたが久しぶりに時間を押しましたね(笑)
思わず一番後ろで「休憩時間がなくなる?」とジェスチャーしてしまいました。

岡本先生
「オプティマルヘルスとセルフ治療」 岡本先生

午後からは、田中先生の熱い講演でこれまた押すかな?と思いきや
綺麗に切り上げてくださり、事無くしてインフォメーションに入ることができました。

田中先生
「数字に一喜一憂しないあなたに進化するための3か条」 田中先生

インフォメーションの際にも紹介させていただいたのですが、今回のセミナーには御歳90歳現役、
今でも研究開発に携われているエンザミン研究所の伊吹博士が見学に来られてました。
岡本先生とも懇意の仲で、久しぶりの再会に記念撮影も。
ドキドキする中での新商品のアナウンスもさせていただきました。


岡本先生と伊吹博士(写真右)

そして3部の患者会では、それぞれの会のリーダーの方にもご協力戴き、
患者同士の交流会の時間に。


最後は、スタッフ及び関係者で反省会と今後の展開の打合せを兼ね、懇親会をしました。
来春のセミナーをより良いものにして、皆様に情報発信できる様に計画していきますので
ぜひe-クリニックセミナーにお越しいただき、健康な情報を持って帰っていただきたいと思います。

来春は、4月18日(土)が東京で、4月25日(土)が神戸会場です。
演者はどちらもスタッフ医師の沼田先生です。
久しぶりの登場で新しい情報を引っ提げての講演になること間違い無しです。
是非是非お越しください。
多くの方々の参加をお待ちしております。

・・・と、その前に年内最後のミニセミナーが12月27日(土)13時から実施致します。
岡本先生の講演にQ&Aがついたミドルバージョンセミナーです。


こちらも是非ご参加ください。


合言葉は「頭で考えるのではなく、Bodyに聞け(感じろ)」です!!

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

カテゴリ : 
TOP
執筆 : 
fukuoka 2014-11-17 17:53

いやー先週は、本当に天気の良い週末でしたね。

そんな絶好の紅葉日和の中、東京セミナーへご参加頂いた方、
本当にありがとうございます。

ただ紅葉狩りに劣らず、充実した時間を過ごして頂けたのではないかと
ご参加戴いた方の御顔で御判断させていただいてます。

『セミナー速報』は、こちらをご覧ください。
※会員のみ閲覧可能です。一般の方は、ご了承ください。

さて、セミナーの状況は『セミナー速報』で解ると思うので
・・・んっ?どんな感じだったか知りたい?

もう仕方ないな-と言いたい所ですが、セミナーの様子は一応ビデオに撮ってありますので
問題なく録画出来ていましたらまた後日UP致しますのでそれまでは春Verのダイジェスト版でご勘弁ください。

2014年春 岡本先生
2014年春 安西先生

さて告知はこれくらいで後は私のお薦めのお城巡りのお話をつれづれと。。。

久しぶりの東京にたまには気分を変えて思いっきり非現実世界へと入れる城散策。
その土地を知ると言う目的もありますが、空想夢想の世界を想い、
リアルな現実を改めて感謝すると言う変な癖でもあります。

そして今回は、「風林火山の軍旗」、「甲斐の虎」で有名な武田信玄の本拠でもある
「躑躅ヶ崎館〔つつじがさきやかた〕」今の武田神社のある山梨県甲府まで電車旅してきました。
ついでに甲府城も・・・。

いや-東京の「The都会」とは違う穏やかな時間が流れる「The街」と言う雰囲気がとても良かったです。 ※東京に住んでるみなさ-ん、東京が悪いという意味ではありませんよ(笑)

1ヶ月の駐車場の賃料にも驚かされました!!
大阪と1桁違うんですもの>o<

いや、まぁ-其処はどうでもいいのですが・・・。

     

さて話を戻しまして武田神社に着きましたら思いのほか多くの方

それも取り分け女性の方が 沢山居るのでこれはまたお城ブームの再来か?
城女が沢山居るのではとワクワク致しておりましたらなんと「七五三参り」だったのです。

それで着物をお召しになっている綺麗な御母様方が子供よりも派手で愉しんでらした・・・。
そうですよね、御母様方も時には現実逃避が必要なんです。

ともあれ、子供の成長を祝う行事だが子供はそんなこと露知らず
普段着慣れない衣装に、いつまでも終わらないビデオ撮影やポーズを要求される写真撮影。

当人からしたら付き合ってやってる感が半端ない親子関係が見れたのも季節柄かもしれません。 時には思い切りも大事かも知れませんね。

 

急遽慣行日帰り甲府の旅でしたが、2万歩以上歩き健康的に非現実世界を楽しめた1日でした。

さて今週末は神戸で久し振りに田中先生の講演です。
まだ一度も聞いたことの無い方は是非一度e-クリニックセミナーに参加してみてください。
結構身につくことや気付きがありますよ!!

まだまだ参加できますので是非一歩前に踏み出していただければと想います。

 

サバイバ―達に聞く考え方や食習慣

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-11-4 1:06

文化の日を含んだ三連休皆様はどの様にお過ごしになりましたか?
一時的に天気が悪いところありましたが全国的には良かったのでは無いでしょうか。

各地では文化の日に因んで様々なイベントや入館料が無料になったりする
博物館などもあった様です。

私も中日の2日、神戸元町eサロンに顔出して来ました^^
紅葉シーズンそれも三連休の中日とあって参加者は少なかったのですが
それも患者会の楽しみ。

参加したメンバーで広がる話題が実際の『生の声』だと思うのです。
食事の問題や治療方法、家庭での悩みや夫婦間の思い。
そういった話題を解決させるヒントが患者会にはある様な気がします。

この日も定番の食事はどうしているのか?と生活はどうしているか?
食事に関しては、

「楽しく食べる」、
「怪しいものは選ばない」、
「新鮮なものを選ぶ」、
「美味しいものを食べようと思う」、
「玄米菜食ではなく、玄米ベースの食事に」

と具体的なあれがダメ、これがダメと素材そのものをこだわるのではなく、
適度な感じに行き着くのかと。

ただ一週前の例会で聞いた憩いの森さんの推奨としては「治るまでの1-2年は
厳格にと言うスタイルを貫いています」とのこと。
これはこれで私も良いと思うのです。

食生活の見直しはすべきであるし、栄養バランスを考えた食生活にすることで
厳しくはなると思います。
後は限度が行き過ぎない程度にと思います。

生活については、

「あまりガンの事を考えない生活をしている」
「気功を始めたり」

と気持ちが影響することに気付いて変えていくなど。

考えかたについては例会でも話題となり

「病気を忘れること」
「毎日を楽しむ」
「苦しみの中にも楽しみがある」

など、治った方々がどの様に考えて行ったかなどを聞いて自分に言い聞かせていけるのが
患者会の良いところなのかもしれません。

ちなみに今回の例会で話題に上がった「玄米温熱パット」(こちら:スイマセン、会員様のみ閲覧可
昨日、妹が検索してと探した「あずきのチカラ」と言う商品と同じもの。
Kメーカーさんから発売されてますが、昔から自分で手軽に作れる優れもの。
ちょっとした気分転換にマイカイロ製作しましょう^^

あともう一つ。
サバイバーのIさんお薦め「酵素玄米Pro2」
少々お値段張りますが「酵素玄米が簡単に作れるからお薦めなんです」
と自身の方針を変えてまでの推挙品。

主婦の気持ちを考えた一品。
あくまでも食生活の改善で 大変な時こそ如何に手間暇を効率よく省くか。
の一案と考えても良いかも知れません。

※酵素玄米は酵素と付きますが、酵素が入っているとか と言う意味ではなく、
昔ながらの玄米の炊き方の名称です。詳しくはこちら。(よくある質問に飛びます:スイマセン、会員様のみ閲覧可)

最後に12月7日(日)13:30?16:00 憩いの森特別講演会がありますのでご紹介しておきます。
詳細・御問い合わせはこちら(憩いの森さんのHPが立ち上がります)

外食MAPシリーズ in大阪市西区

カテゴリ : 
TOP » 公開
執筆 : 
fukuoka 2014-10-20 15:35

この1、2年で健康志向的な食事を出すお店が増えて来たと思いませんか?

少し前までは遠出をした際に外食する場が無いと悩ませていた問題が少しずつ変わりつつありますね。
日本全体で健康志向的な方が増えてきたら外食MAP作りも不要になるかもしれません。

さて、今回は鍼灸の中間先生の住む大阪市西区にあるお店を紹介します。
1店目は、マクロビを勉強している知人繋がりで知ったお店だったんですが、
開店中のはずが閉店中で残念ながら特製ランチにありつけず・・・・。

仕方なく来た道を戻って、中間先生が気になるお店に行ってみました。

その名も『パプリカ食堂』

雰囲気の良い外観にオープンテラス、 食べて、飲べて、きれいになるをコンセプトに
ヴィーガン(完全菜食)、マクロビオティック(玄米菜食)、ローフード(酵素栄養学)の
考えをもとに、 お肉、お魚、卵、乳製品、チーズやバター、加工食品、白砂糖、農薬、
化学調味料や過剰な添加物そして 遺伝子組み換え食品を使用しないと言う
こだわりの料理を出すと言うではありませんか^^

 

ワンプレートランチ(スープ、サラダ、デリ、メイン、玄米orパン)が付いて900円くらい
ついでにオーガニックスムージーを戴いてランチ代1,500円ほど。

お味の方ですが、スムージーは文句なし。 スープ、サラダ、デリも良かったのですが、
玄米だけが柔らかいけどちょっとパサパサ感が気になりました。

会員の方の方が美味しく炊けるコツを知っているような気がしました。
でも雰囲気も良く、軽く食べるには良いお店だと思います。


軽いランチの後は時間つぶしのお茶に誘われ、
着いて行くとそこはなんともレトロな感じのお茶カフェ 。

その名も『蔵カフェ&バー矢野善』

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、此処は10点満点のほぼ10点
でもいいくらいのカフェバーです。

雰囲気が良いのは勿論、何よりいいのがメニュー^^
珈琲、紅茶だけでなく、日本茶が選べるちょっとユニークな喫茶店。

ここは一人でも十分落ち着ける空間でした。

はり灸の中間先生のところから近いので是非はり灸に来たら此処もお奨めスポットですノ

※『パプリカ食堂』の詳細はこちら(外部サイト食べログページの情報に飛びます)
『蔵カフェ&バー矢野善』の詳細はこちら(外部サイト食べログページの情報に飛びます)

(1) 2 3 4 ... 9 »


本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.