e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ


無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 


【レシピ作成: 小島京子

青菜と厚揚げの味噌炒め
  〜発酵食品の旨みで味にアクセントを〜

 青菜と厚揚げの味噌炒め
 
  材料  (3人分)
  • 青菜(写真は小松菜): 200g
  • 厚揚げ: 120g
  • にんにく: 1片
     
  • 合せ調味料 (先に合せておく)
    ・味噌: 小匙2
    ・みりん: 小匙2
    ・醤油: 小匙2
    ・寺納豆(又は豆鼓): 小匙1強(約5g)
     
  • ごま油: 小匙1
     

(1人分)
  • カロリー: 約112kcal
  • 塩分: 約1.3g
  • タンパク質:6.6g
  • 脂質:6.7g
  • 食物繊維:1.9g
  • 糖質:4.2g


寺納豆とは、豆・麴に塩水を加えて発酵させた食品で、古くから 寺院で作られていました。京都の「大徳寺納豆」や浜松の「浜納豆」などが知られています。中華料理で使われている食材&調味料の「豆鼓(トウチ)」が奈良時代に中国から日本に伝わったことから発展したといわれています。

 作り方

  1. 青菜は、葉と茎に分けて3cm程度にカット。厚揚げは、油抜きして1〜2cm程度の薄目のサイコロ切りにする。
     
  2. フライパンを熱して油を入れ、みじん切りしたにんにくを炒める。
     
  3. 香りが出たら、青菜の茎を先に炒め、厚揚げも入れ、次いで葉も加えて炒める。
     
  4. 合わせ調味料も加えて炒め、全体に絡めてできあがり。 

※青菜の水分によって出来上がりの味が違ってきますので、調味料は1.5倍にしてみる等で調整したり、他の野菜を入れてももちろんOkです。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える

Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.