e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

メンバーログイン
メンバー登録
eクリニックって?
治す
学ぶ
挑戦する
意見

 

eコメント

Facebook Twitter LINE

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

今月のからだ博士基礎講座は、癌と10年以上闘病され、ご自身で今コントロールできている3人のがんサバイバーに対談して戴きました。

その座談会の様子から、病気との向き合い方や治し方、病気予防に戴がれば幸いです。ほぼ編集するところがなく、座談会の時間まるまるなので約50分番組となってますが、50分があっという間の内容ですので、是非メンバー登録のうえ、ご視聴ください。


※メンバー登録で視聴できます。


(サバイバー紹介)
【ポテンヒットさん】60代、男性。
2005年に悪性リンパ腫(ノンホジキン)と診断され、抗がん剤治療を実施。
病勢をコントロールしながら2013年ほぼ完全寛解からの経過観察。
しかし2017年に再発。抗がん剤治療を経て、現在に至る。

抗がん剤治療を行いながら、セルフ治療、中医薬などを
続けながら病勢をコントロール。

患者会(例会)では、ご自身の経験も参考にしながら
若きがん患者のアドバイザー(お世話係)もされています。

======================================
【浜のびわさん】60代、女性。
会社の健康診断では乳腺症と診断されていたが急に2006年に乳がん(3期B)の告知。
2007年の1月、抗がん剤治療とホルモン剤の併用、そして食事や生活習慣の改善を行い、
eクリニックのセルフ治療が主治医となりセルフコントロールすることで病勢を横ばいから改善へ。
 
(ご本人様からのメッセージ)
現在は、限りある自分の時間をやり残すことが無いように生活習慣を気にしながら毎日を楽しむことにしています。eクリニックのセミナーにも積極的に参加する様にしていますのでお会いする機会があれば是非声掛けてください。

※がんサバイバー体験談3(過去セミナーでの講演動画 /メンバー登録で視聴できます。
======================================
【伊藤知治先生】
60代、歯科医師。
2008年、内臓に10cm近くの巨大腫瘍を持ち、転移は骨髄まで達し、レベル4。
緩和ケアまで用意された元末期がん患者。 

現在は、仕事も復帰、丁寧な生活を意識し、音楽活動に、健康管理に、自分らしく生きるを実践中。時々、ご自身の体験を綴ったブログも更新中。

『末期ガンからの生還!その時、僕は何を考え、何をしたか....』 (ブログ)
※がんサバイバー体験談1(過去セミナーでの講演動画/メンバー登録で視聴できます。
※緩和ケアまで用意された「末期がんからの生還」(オンラインセミナー/メンバー登録で視聴できます。



〈おまけ動画:がんサバイバーに聞いてみた〉 メンバー登録で視聴できます

【質問内容】
その1 
・がんを宣告された時どう思いましたか?
・どういう基準で治療を選びましたか?
・治療中、一番苦労したことは?どう克服しましたか?

その2
・不安になった時のこころの支えは?
・治療中、いい方向にむかったターニングポイントは?
・日々の生活は何を気を付けましたか?


Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.