e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

メンバーログイン
メンバー登録
eクリニックって?
治す
学ぶ
挑戦する
意見

 

eコメント

Facebook Twitter LINE

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

「Withoutコロナ」こそが日本の感染拡大を抑える

今のままだと日本は医療崩壊を免れません。
なぜなら、無自覚の無症状感染者をたくさんいる・・・からです。
きっと僕だけでなく医療現場のみんながそう思っていることでしょう。

有効で安全なワクチンが広まるまでは、僕たち日本国民は、家族以外との会食やカラオケは控え、おとなしく耐え忍ぶしかありませんね。


日本で感染拡大がおさまらないのは、「市中に無自覚の無症状感染者をたくさんいる、そしてそれを放置している」からに他なりません。
逆に「市中から無自覚の無症状感染者がいなくなれば」、感染は終息します。

なぜ僕たち日本は、お隣の成功例から学ばないのでしょうか?
中国は、初動こそはしくじったものの、そのあと、感染者の追跡・捕捉を徹底的にやり、無症状の感染者は市中に出回らないようにしました。・・・実にみごとな逆転劇です。

メディアも、欧米の感染拡大はしきりに報じるものの、中国や台湾の成功例は報道しないですね。
とても不思議です・・・なぜ?

みなさんは、どうしたら感染拡大を抑えることができると思いますか?
ニュージーランドやオーストラリアのように強硬にロックダウン?
でも経済も止まってしまいますよね!!
医療崩壊は阻止しなくてはいけないけれど、やはり経済も止められない!!


だとしたら、
無自覚の無症状感染者がたくさんいる・・・この状況をなくすしかないでしょう!
ほかに方法ありますか? 

 eクリニックのスッタフでもある藤田康介中医師(上海で中医師として活躍しています)からも、中国のコロナ事情をことあるごとに聞いて、自分なりに答え合わせをしています。

 

つまり中国は、日本のように「With コロナ」でお茶を濁すことなく、しっかりと「Withoutコロナ」を実践しているんです。
そもそも、コロナに限らず、感染拡大を抑える原則は、「With」ではなく「Without」です・・・天然痘、ポリオ、麻疹しかり歴史が物語っています。




中国、そして台湾も「Withoutコロナ」を実践したからこそ、今や「Afterコロナ」となって、当然のことながら、社会は安心安全を確保し、ふつうに回っています。

日本の「Withコロナ」は、明らかに失策です。でしょう?
僕たち日本国民もそれに早く気づき、政府の失策を、声をあげて正す必要があります。
そうは思いませんか。

じゃあ今さらですが、具体的にどうやって感染拡大を抑え、医療崩壊を回避するのか。
成功例に学べばいい・・・、ですよね。
たとえば・・・中国の場合、
藤田中医師が日経ビジネスなど日本のメディアでも紹介してくれていますが、キーワードは次の3つ、
中国では、この3つがしっかり稼働している・・に集約されます。

  

 

 中国国民ほぼ全員が、スマホに「接触確認アプリ」「行動履歴アプリ」を登録する。

〜登録しないと移動も受診も買い物もできない、身動きできないようです。(^_^;)
そうすれば、どこの地域が感染リスクが高いか、過去14日以内にリスクの高い地域に行ったかどうか、陽性者と接触したかどうか、スマホではっきり分かる!

自身のリスクが高いと分かれば、検査(PCR)です。
・・・中国ではだれでもすぐに安価でPCR検査が受けることができ、すぐに結果がわかるとのこと

陽性になれば自宅待機か入院、陰性であれば移動が許される(違反すると罰則がある)、
・・・など、ほぼすべての中国国民が、今自分が感染しているのか、感染していないのかが分かる。

となれば
少なくとも市中に無自覚の無症状感染者がたくさんいることは基本なくなる。
そのうちに(1〜2か月で)、無自覚の無症状感染者が市中にいる確率は限りなくゼロになり、
社会は安心安全が担保され、おのずとスムーズに回っていきます。
旅行もOK、飲食もOK、カラオケもOK、もちろん医療崩壊も起こりません。
時短、休業要請、GoToの見直しも一切不要です!

簡単なロジック(シナリオ)だとは思いませんか?
なぜ政府が逆転劇へと舵を切らないのか?
なぜいまだに、時短、休業要請、GoToの是非

・・・どうでもいい不毛な議論を日本人は繰り返しているのか!!ちょっと理解に苦しみます。

つのキーワード(あるいは安価な検査を普及させるだけでも)、感染拡大は終息に向かいます、そうこうするうちに必ず安全で有効なワクチンが広まるでしょう。

このロジック(シナリオ)は新型コロナだけでなく、近い将来、またきっとやってくるだろう、新たな感染症にも通用するのではないでしょうか? 

【動画】新型コロナ第4弾『コロナに負けるな!』やることやって防衛体力を高めておこう

文責:eクリニック 岡本 裕

関連記事:
コロナ関連【Drエイトの提言】リーダーの覚悟、学ぶ姿勢・・・?!
今はWITHOUTコロナ!・・・WITHコロナは危険な発想・・・
 

ワイズクラブのすすめ


Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.