e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

 

eコメント


無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

パブメド
薬の調べ方

 

2019・秋 東京セミナー報告

 

  

 

 

 

eクリニックセミナー第70回目は、
11月16日(日)東京御茶ノ水で開催しました。

  

【午前】体験型セミナー 
      セルフ治療「きほんのき」講師:岡本先生

 

 
 

先月の大阪に続けて午前中は体験型セミナーを実施。
大阪での反省を踏まえて、講座の時間は出来るだけ重ならない様に
また、参加者全員がすべてのブースを回れるように時間で区切って実施。
多少のプロジェクタートラブルに見舞われながら・・・始まりました。

セルフ治療は基本3つ(こころのブース、運動ブース、食ブース)。

 

集中力を簡単につける方法の一つとしてのけん玉。
指導はeクリニックのけん玉伝道師阿比留さんが担当。
ほぼマンツーマンレッスンで真剣に聞きながら、実施後には笑顔。

“笑う”って大事。


 

運動ブースでは、筋肉ドクター考案のスクワットタワーバーを使った正しいスクワット指導を、
なんと器具を製作してくださった江崎器械の植田さんが直々に運動指導してくださいました。

植田さん曰く、
「関東方面ではまだ利用してくださる施設が少なく、色々な施設に置いて戴きたいのですが。。。」と、是非、皆さんの知っているところで置いてくれそうなところがあればご連絡ください。
江崎器械さんが交渉に行ってくださいます!!

 

食ブースは岡本先生が食講座を担当し、スタッフの前田さんが試食ブースを担当。

東京でも食に関するテーマは皆さん大いに関心をもっており、糖質制限(ケトン食)についても岡本先生が細かく質問にも対応されていたので人だかりww 疑問点は解決されましたでしょうか。

試食ブースは、前田さん作製のブランパン(シナモン入り)。
スポンジケーキの様なふわふわな仕上がりにスタッフもちょっと驚きでした。

そして、前回の反省点を改良?
体験ブースの合間を見てのプチ講義の時間、瞑想・気功の時間を設定。

 

プチ中医学講座は、私(福岡)が担当、内容は大阪でのものと同じ、中医学と漢方の違いの復習と中医師が指導する養生の話を新しくできたテキストBookを使ってご紹介。
四季にあわせて生活習慣も自然に合わせるが意識しなくても習慣化されることを期待して・・・。

 

中医講座の後は小島倶子先生による瞑想と気功体験。
時間を分けての実施だったので皆さんそれぞれ体験できたのではないでしょうか。

 

そして関西にあって関東に無い鍼灸ブースの代わりに、アナジンシャンプーでお馴染みの
(株)ジャパンへサイエンスイノベーションの湯澤さんたちによるヘアケアチェック。
食べるものだけに意識を向けるのではなく、直接肌に触れる(特に頭皮)ものにも
注意を向けて欲しい(談:湯澤さん)
ヘアケアチェックの方にはお土産にトラベルキットをプレゼント、皆さん貰いました?^^;

そんなこんなで、午前中はあっと言う間に過ぎた感じがします。

【午後:前半】スタッフ医師講演

トピックス 『HIF-1(低酸素誘導因子-1)』(岡本医師) ※ビデオライブラリー掲載予定
レクチャー 『命を高めると病気は治る!!』(水上医師) 

 
 

午後、前半は、スタッフ医師による講演。東京も大阪と同じ岡本先生、水上先生のW講演。
最新トピックスを岡本先生が、レクチャを健康増進クリニック院長の水上治先生が担当されました。

 

世界には患者視点の医療の考えが当たり前になる中、日本はまだまだその領域にまで来ていない。だからこそセルフ治療は必須であり、eクリニックの先生たちへの質問相談も積極的にしたらいいというメッセージでした。

【午後:後半】eクリニックセミナーのもう一つの目玉 患者交流会&無料相談

 

今回はお世話係(がんサバイバースタッフ)のお一人が少し体験談をお話してくださいました。 

 

その後、グループに分かれて参加者との交流会へ。
また大阪と同じように希望者はスタッフ医師との無料相談も・・・。

 

次回は、来春5月31日(日曜日)開催です!お楽しみに。

 

 

 


Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.