e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

 

eコメント

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

パブメド
薬の調べ方

 

2019・春 東京セミナー報告


eクリニックセミナー第68回目は、
2019年6月1日東京・御茶ノ水で開催いたしました。


 

【午前】体験型セミナー セルフ治療「きほんのき」講師:岡本先生

令和元年、最初の春セミナーは大阪と同じく。体験型セミナーを実施。

関東の皆様にも、セルフ治療ができているかチェックしたあと、
各テーマに応じてブース毎に分かれて、色々体験。

大阪での経験を活かして、時間決めでのブース展開はやめて、
会場の広さを充分に活用。最初からつのブースを準備。

運動ブースは、筋肉ドクター考案のスクワットタワーバーがこちらでも活躍!
機器を使った正しいスクワット指導を筋肉ドクターに。

日頃、機器を使ってトレーニングすることが無い方には興味津々の代物。
体験型セミナーですからと皆さん積極的に体験されてました。

食ブースは、大阪の経験を活かして、管理栄養士の小島京子先生のレシピ紹介ブースと試食ブースを少し離して実施。
試食して、説明を聞きに行ってと混雑することなく、体験できたのではないでしょうか。



※試食コーナーではこの5月末に商品化されたE-CLINIC ONEファイバーもお披露目。
お味は如何でしたでしょうか?
素材が難消化性デキストリンと難消化性でんぷんそして2種類のオリゴ糖だけという凄くシンプルなもの。是非、食物繊維不足解消にご利用ください。

こころのブースは、集中けん玉指導にけん玉伝道師;阿比留さんが担当。
相変わらずの人気ぶり。

けん玉だから集中するのか。
集中するからけん玉が楽しくなるのか。

いずれにしても、何かに夢中になれるものがあるというのは良いものだと思います。
これを機会にけん玉ファンになるのもありかもしれませんね。



小島倶子先生には、瞑想と気功の時間を担当戴き、他のブースと少し時間差で実施。
これが中々良かった!

皆さんも一通り体験した後だったのか、気功の時間はほぼ全員が気功を実践。
無音のスペースのなか、小島先生の「ソーン:リラックスして?(※)」という発声だけが響く、不思議な時間でした。

※中国語で松(song)と呼び、「緩い」「緩める」の意。「放松」でリラックスの意。



そして、ヘアチェックブースは、美容院にしか卸されないシャンプー“アナジン”を取扱っている頭皮ケアのスペシャリストスタッフたちが丁寧にチェック、アドバイスしてくださいました。

大阪ではお祭り屋台のワチャワチャ感イベントに対して、
東京では順番に全ブースを体験するといった感じの東西での地域性が出た感じです。



が、どっちも皆さん楽しんで戴けたようなので良かったです。

 

【午後:前半】『ストレスは健康のもと』筋肉ドクターが教える正しい筋トレ

午後、前半は、筋肉ドクターこと小島央先生がお話を・・・。
 
冒頭、自分がなぜ今此処に居るのか判りませんが・・・と始まった件(くだり)でしたが、
東京講演に至った経緯は、「著書「ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる」が出版されたからです」と心の中で先生に一人突っ込みしつつ、関西からの刺客筋肉ドクターも著書の内容を簡易にスライドにして解説されました。



講演の中、節々に笑いの小ネタを幾つか仕込むものの、
かなりの確率でスルー、東京セミナーの洗礼を受けてました。

あとで、がんサバイバーの方との会話で「関西の方は、みんな、会話の中に笑いを入れなければいけないのですか?」と真面目な質問があり、「入れなければいけない訳ではなく、ただただ習慣になっているだけ・・・」というやり取りが私の印象に残りました。

 

【午後:後半】 患者交流会・スタッフ医師との交流

eクリニックセミナーのもう一つの目玉でもあるがんサバイバーとの交流会に入る前に
今回は、健康増進クリニックの水上治先生に先日出演したTVショーの裏話を少ししていただきました。


水上先生と小島倶子先生 

 

 

 

そして、今回は6名の御世話係(がんサバイバースタッフ)の皆様方に協力していただき、
グループに分かれてそれぞれ体験談も交え、参加者と交流していただきました。





 



そして、最後は皆で記念撮影 笑顔で〆、お疲れ様でした!!
次回は、11月16日(土曜日)開催です!お楽しみに。


Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.