e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

メンバーログイン
メンバー登録
eクリニックって?
治す
学ぶ
挑戦する
意見

 

eコメント

Facebook Twitter LINE

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

藤田中医師が来日されたおり、岡本先生と世間話に・・・

なかなか耳よりですので、3回に分けてご紹介します!(^^)!


※第1回 『糖質制限について・・・ 』 は>>こちら


藤田中医師による中医養生セミナー『冬養生』 2016/12/20(火)>>こちら




第2回のテーマは・・・


1 『健康教育は・・・?』

2 『気について・・・』


1 『健康教育は・・・?』


「中国の中では、その様な課目はあるんですか?」




「いや、そこの課目は、無いですが・・・ただね」


「躾みたいな感じ?」




「そうそう、でも学校でいま教えようと言う試みがあります。学校でキチッと中医学を教えていこうと言う試みを子供向けにやってます。」

「小学生からそういう教科書に載っけているなどやっているけれども、ただ基本的には両親が知っているとこが多いです」



「常識としてね、その(基礎)程度は知っているんやね」




「そうですね、陰と陽とか、講義で話す程度のもの。この程度のものだったら、皆さんそこそこ知っていますわ。だから要は普及なんですね」


「もし日本人が、こういったこと(中医学の概念)を受入れるのが難しいんだったら、それやったらお年寄りが実際にやっていることを調べて来て、それをこういう昔の智慧と結び付けてあげて、こういう意味がありますよと伝えてあげたら受入れやすいんだと思います」


「西洋医学的にこれがこういいと言うのも一つの方法だけれども不変性を追求するのであればこれで診てあげた方が解りやすいかもしれないです」


「日本人だからと言う訳ではないけれども、なんでも物質(もの)中心だから“目で見えないと(アカン)”・・・、目に見えない“気”と言うのがわからへんのやろな、その波と言うか量子(りょうし)の概念と言うのがないから・・」




「そう、それともう一つ、睡眠とか日々の生活の規則性を大事にして欲しいですね」


「リズムやね」




「そう、リズムね。日本人、やっぱり寝るの遅いから・・・相対的にね。東京なんて0時廻っても、まだまだ電車がいっぱい来る世界じゃないですか。だから、「それはダメだよって!」。此処e−クリニックに来られている患者さんですら中々、寝れてないですからね・・・」


「いやいや(ホンマそう)、1時に寝てるとかね。普通やからね」




「そうそう、平気でそういうのが出てくるから」


「その辺やろな〜、そのへんが、全然なかなか言うても、変われへんからね」




「だから、なんで早く寝たほうがええかと言うのをね・・・そういうのをね」


「例えば、そういう事例を出していけば、「早く寝て、免疫力が上がった!!」とか、もっと表に出していけば、やっぱ、ちゃうと思うねん。「あっ、ホンマや!」って言う所でね、やっぱり、言うたって「そんなん、一緒やろ!」って思ってる人が、ほとんどやねん」




「あと、もう一つ中国なんかでもよくあるんですけど、最新の論文なんかで、様々な国の健康情報のダイジェストを紹介している新聞や雑誌があるんですけど、なかなかそういうのは日本にないけど健康に関する情報は中国は充実しているんですよ」


「(健康に)関心があるんやね、中国人は・・・」




「関心ありますよ。今の最新の研究結果はどうなのか?とか、時々、安西先生もツイッターとかで飛ばしてますよね。あ〜いう感じのことを新聞が出してるんですよね」


「安西先生は結構読んではるよね」


2 『気について・・・』


「あと、“気(氣)”ね。気のエネルギーについて、物理学的にって、いうのは、中国でも誰か研究やってるの?」




「やってます、やってます、(中国では積極的に)研究してますよ」


「その〜、力学的に・・・」




「そう、国が率先してやっているのでいろんな結果が出てます」


「そういうのをまた色々紹介して欲しいなぁ」




「内気(ないき)とか外気(がいき)のね・・・、からだの中での気の動きとか・・・そういうのはありますね」


「それと、温泉とも結びつくんだけど、水があるじゃないですか?H2Oですよね。神戸大学で水が何かを記憶するというのをやってたんですが、そういうのは、中国的には気と関連して、どうなんですか?」




「あ〜、何かありましたね。でも、そこは・・・私はあんまし、知らんなぁ〜(笑)ただ、温泉に関しては少し知っています」


「温泉は何かが溶けてるから効くのはもちろん解るんだけれども、それだけではなくて、水のコンフォメーション(※立体配座;簡単に言えば構造のこと)とかね、そういう水(湯)をどんなふうに汲みあげているか、そういうのがちょっと違うのかな?っと」




「絶対違うと思います。温泉でも源泉で沸いてでてくる温泉を流しているのと、循環させてる温泉で(全然)違いますもん、入ったら(すぐ)判りますよ」


「違うよね。だから、気って結構面白いなって」




「それこそが“気”なんですよ。そのエネルギーですよね。日本は何処でも掘ったら温泉が出る言われてるけど、その温泉の出方がちゃんと出て浴槽に使われているのか、ひっぱって来てグルグル廻しているのかで違いますからね」


「違うよね」




「違う気がすると思うんですけどね、私は。(笑)」


「僕もそう思うわ。(笑)」


 


次回は『食事・食材の意識について』を掲載いたします!!!

 藤田中医師による中医養生セミナー『冬養生』 2016/12/20(火) >>こちら


Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.