e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

メンバーログイン
メンバー登録
eクリニックって?
治す
学ぶ
挑戦する
意見

 

eコメント

Facebook Twitter LINE

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

先日、藤田中医師が来日されたおり、岡本先生と世間話に・・・

なかなか耳よりですので、3回に分けてご紹介します!(^^)!



第1回のテーマは・・・


『糖質制限について・・・』


「日本で糖質制限けっこう流行ってるけど、中国も糖質制限はやってますか?」




「糖質制限とは違いますが、短期間だけ穀物を断つ、道教の伝統的な治療法はあります。治療というより修行ですね」

「期間限定でちょっと穀物を断って、体を自然と整える。ご飯類は食べたらダメだけども、まっ、他のものは、そこそこ食べてもいいと言う、そういうやり方なんですね」






「ケトン食とかそういうものは関係なく、宗教的な意味合いで道教の教えの中の一つで、そういう(糖質制限的な)ことはやっていますね」

「だけど(糖質を)全くゼロと言うのはちょっとね・・・」



「抵抗あるよね?」




「抵抗ありますね?」


「僕も(やるとしても)抵抗あるわ」




「だから糖質を全くゼロじゃなくて、白いご飯とかそういうものをやめて、雑穀系のもので置き換える」


「食物繊維もあるしね、同じ炭水化物でも、繊維やったらいいね」




「そうです、繊維性質を摂ってですね、少しでも糖質の吸収を妨げてやるのがいいですよね」

「それだったら私はありだと思います」



「そうやね、それと日本人は、もともと炭水化物の量多いからね」




「多いです、日本人、本当に多いんです!」


「多いねん、それがわかってへんねん。日本人は、和食がええと思ってるんですよ。和食は調味料に砂糖使うこと多いし、『ラーメンライス』も和食(扱い)になってんねん」

「違うねん、あれは和食ちゃうねん」




「違いますね?(笑)」


「最初にドーンとご飯が出てくるのは、それは和食ちゃうねん」

「最後にちょこっと出てくるのが和食やねん」




「白いご飯とか白い小麦ね、真っ白の小麦粉ね」

「だったら全粒粉(※1:小麦の表皮、 胚芽、胚乳をすべて粉にしたもの)を使ったりとかね、そういうものを」

「でもね、全粒粉使ったらパンは焼けないんですよね」

「実際に作ったらパンが膨らまないんで、だから美味しくないんですよ」






「でもそれを我々が、いつもスーパーとかで(買って)食べてる、そのパンですが、長い時間置いてあっても食べられるじゃないですか?」

「自分で作ったら2、3時間もしたらカチンコチンになりますからね」

「だから、そこの、その違いと言うところをね、我々は本来そこに戻ってやらないといけない。あと、日本人はやっぱり沢山買い込んで冷蔵庫に入れるのが好きだから・・・」






「そうじゃなくてできる限り、その日に買って、その日に料理して、食べてしまうと言う食べ方、これもやっぱり私は大事だと思いますよ」

「栄養価の問題でもそうだし、あと冷蔵庫の中に溜め込まないって言うその問題も含めて・・・」

「中国の人は、基本、冷蔵庫って空っぽなんですよ・・・毎日、新鮮な食材を買いに行くんがふつうなんです」



「それ、いいよね。そういうことが、日本人って島国だからそういう情報が入ってこないよね」

「日本が便利であたりまえで進んでると錯覚してる」




「そうそう、あまり外の情報入ってこないし、それに日本は便利だから・・・」

「あのホンマに高度にシステム化された社会だから、日本って言う社会は・・・」



「完結してるから・・・と思いこんでる」




「完結してしまってるから、今は改めて、ひょっとしたら、こうちょっと昔に戻ると言うか、ちょっと不便さのある生活をしないと人の体が元気になれないって言うところまで来てるん、気づいてないなと」


「もう、がけっぷちやと思うわ、今戻らんとちょっとまずいと思うわ?」




「運動不足もたいがいですね」


「常態化してるしな」




「本当に多いんですよ、一日1万歩以上、歩けてない人、本当多いですよ」

「1日、2千から3千歩とか(しか歩いてない人)ね」

「大阪とか地下鉄とかあるからまだましだけど、特に地方とかなんて行ったらね」



「生活すべて車やもんな」




「そう車、やっぱり歩数とか聞いたら、一生懸命歩かない限り無理ね」

「大体4千から5千歩で止まってたからね」



「そうやな、何処行っても車やもんね。階段も昇れへんし」




「だから、そこをこう買い物に行ったり、なんやかんや(歩いて)行ったりしなアカンわ」


「そういう啓蒙はやっぱりしていかなアカンね」

「うん、思うわ、そういう(健康に関する)ことを小学生くらいから」




「(専門家の大人が)教えてやってあげる、そこが無いよね、学校教育の中で」


「ないない」




「健康に育つ為の、今の医学の中で認められているいろんな方法を紹介するなどをね」

 


次回は『健康教育は・・・?』 と 『気について・・・』をまとめて掲載いたします!!!

Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.