e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

メンバーログイン
メンバー登録
eクリニックって?
治す
学ぶ
挑戦する
意見

 

eコメント

Facebook Twitter LINE

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

WHOが「加工肉と赤肉に発がんリスクあり!」と



世界中の食肉業界を揺るがすビッグニュースが、つい先日、10月26日に、WHO(世界保健機関)から発表されたこと、みなさんはご存知でしょうか?

ついに!と言うべきか、ようやく!と言うべきか・・・、諸々の大人の事情を排し、やっと重い腰を上げたかなと私自身は評価しているのですが、WHOのがん研究機関であるIARC(国際がん研究機関)が、加工肉(ウインナー、ソーセージ、ベーコン、フランクフルト、コンビーフ、ビーフジャーキー、缶詰肉など)にも赤肉(牛、豚、羊、山羊、馬など)にも発がんリスクがあると結論付けました。

・・・次は乳製品でしょうか・・・?!







予想通り、波紋が世界中に広がっていますが、特にドイツやアメリカの食肉業界が躍起になって弁明を展開、同時にWHOに対して猛抗議を繰り広げているようです。確かに、彼らに取っては死活問題ですから、その必死さはよくわかりますが、どのみち早晩、こうなる運命でしょうから、時間だけの問題だったと思います。



(私見ですが・・・、肉類は嗜好品の1つと割り切って、たまに食べる分にはさほど問題はないが、常食にするとリスクが高いと言うことだと思います)



まぁ、お肉をあまり食べないみなさんにはあまり関係のない話かもしれませんが・・・、

IARCの研究発表(モノグラフ)や、時々更新される発がんリスク一覧は、定期的に目を通しておいて損はないと思います。

ちなみに、シフト勤務(不規則な生活習慣)や高熱調理(バーベキューなど)なども、すでにリスク一覧に載っています。







WHOの発表(10月26日付)

https://goo.gl/ag4wxj


リスク一覧

http://goo.gl/LJVlr1


リスク一覧を日本語に訳したサイト

https://goo.gl/fMJjPd


文責:スタッフ医師 岡本裕 




Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.