e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ

 
無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
がん完治の鍵探し

講演依頼

季刊誌
すたっふぶろぐ「つれづれ」


















 

がんの基礎知識  >  がんの知識  >  がんの早期発見方法

がんの早期発見方法


「がんの早期発見」の意義は「治癒可能な、早期のがんをみつけること」につきます。

検診を受けないよりは受けたほうがいいのは間違いないことですが、どこで、どんな検診を受けるかが重要です。同時に、仮に考えられる理想の検診を受けることができたとしても、がん全体の約65〜70%程度しか発見できないことを認識すべきです。特に肺・乳腺・子宮体部・膵臓・胆管の本当の「治癒可能な早期がん」をみつけることは困難です。

しかし、がん検診によって、早期がんが発見されて、治癒できている人が多数いることも事実です。また、ほとんどのがんは、かなり進行してくるまで自覚症状がなく、自覚症状がでた段階では、すでに手遅れになっているケースが多いのも現状です。

いっぽう、「がん検診はまったく無効だ」という意見もあるようですが、その考えは極端です。確かに、進行が極めて早くて早期発見がほとんど不可能ながん、逆に進行が極めておそく、自覚症状がでてからでも充分に対処できるがんも一部には存在しますが、多くは早期に発見する価値のあるがんです。

 

胃がん

現行のバリウム間接撮影はほとんど無効だと考えられています。むしろ大量の被爆線量を考えると健康を害するというほうが適切かもしれません。最初から胃カメラ検査をする方が有効だと思われます。

最近は軽麻酔下で、比較的スムーズに検査ができるようになってきているので、検査が苦しいというイメージはなくなってきています。また、ピロリ菌感染が陽性かどうか、ペプシノーゲンが低いかどうかを調べ、自分が胃がんのリスクが高いかどうかを調べることも重要だと考えられます。

--------------------------------------

* ピロリ菌感染陽性 or 低ペプシノーゲン(ハイリスク者)
⇒ 0.5〜1年に1回 胃カメラ検査
* ピロリ菌陰性 and ペプシノーゲン正常(ロウリスク)
⇒ 1〜2年に1回 胃カメラ

 

肺がん

胸部X線撮影やCT検査の有効性は証明されていません。欧米では10年以上も前から、検診の有効性が否定され、検診そのものが廃止されました。世界的にも、現行の検診方法の効果に関しては否定的です。

現在考えられている有効な予防手段は禁煙で、検診手段としては(集団検診は難しいかもしれないが)ヘリカルCT(高速らせん型CT)が比較的有効だと思われます。

--------------------------------------

* 禁煙
* 1〜2年に1度 喀痰細胞診
* ヘリカルCT検査

 

大腸がん

最近、肺がんとともに急増しています。年間約、30000人が亡くなっています。肉、脂肪の多い食事、センイの少ない食事が大腸がんの大きな原因だと言われています。ただ、この大腸がんのせめてもの救いは、胃がん、肺がんと違い、転移していても、比較的に治りやすいことで、検診を受ける価値は大きいです。また、最近の知見によると、葉酸を含むマルチビタミンの服用が大腸がんの予防に効果があることが明らかになってきました。

--------------------------------------

* 1年に1回は便潜血検査を受ける

* 貧血のチェック
* 2年に1度は注腸(バリウム)検査
* 大腸カメラ検査

 

乳がん

乳ガンは早期から、自分でわかる唯一のガンです。
主なサインはしこりが触れることで、しこりが触れればまずガンと考えて、外科(婦人科ではない!)を受診すること。

--------------------------------------

* 1ヶ月に1回、自分で触診する(習慣をつける)
* 1年に1回、マンモグラフィー検査(乳腺のレントゲン撮影)を受ける

 

膵臓がん

* 1年に1度、血液検査でCA19-9・エステラーゼを検査する
* 1年に1度、超音波(エコー)検査を受ける

 

胆道がん

日本人では10番目に多いがんで、毎年10000人以上が亡くなっています。前述の膵臓がんとならんで最も発見しにくいがんの1つです。

--------------------------------------

* 1年に1回は詳細に胆道の超音波(エコー)検査をする
* ビリルビン
* ALP
* ガンマーGTP

 

膀胱がん

* 1年に1度、尿の潜血を調べる
陽性⇒超音波(エコー)検査・細胞診・膀胱鏡

 

子宮がん

体部がんの有効性はほとんど認めれていませんが、頚部がんに関しては、細胞診の有効性が認められています。

--------------------------------------

* 1年に1回は細胞診を受ける

 

前立腺がん

50歳以上の男性は1年に1度、触診と血液検査でPSA(前立腺特異抗原)を測る

 

肝臓がん

原因がはっきりしている典型的ながん。肝細胞がんのほとんどがB型あるいはC型肝炎ウイルスによってひこおこされます。このウイルスを持っていない人が肝臓がんになる心配はほとんどありません。しかし、30人に1人がこのウイルスを持っており、けっこう、粘膜感染しているようで、不用意な性交渉は命取りになる危険性があります。日本では3番目に多いがんです。

--------------------------------------

* まずはウイルス(B型・C型)を持っているかどうかのチェック
* 6ヶ月に1度は超音波(エコー)検査
* 6ヶ月に1度は2種類の腫瘍マーカーAFP・PIVKA(ピブカ)を定期的にチェック

プリンタ用画面
友達に伝える

Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.