e-クリニック - 医師とがん患者のがんを治す為のコミュニティ


eコメント

無料メルマガ
わくわく!ヘルシーレシピ
講演依頼

 

  
投稿者 : webadmin 投稿日時: 2011/06/09 (3017 ヒット)

7/9(土)にゲートタワーIGT クリニックにて、田中先生が講演されます。
お問い合わせ・お申込みは、ゲートタワーIGT クリニック (TEL:072-463-0855)へお願いします。

 

ゲートタワーIGT クリニックの案内より
講演会と療養相談会のお知らせ

食事を見直すことは、生き方を見直すこと。私達の体は、食べ物から出来ています。当然、食べ物・食べ方を変えれば、体が変わり、病気だって良くなります。しかし、変わるのは体だけではありません。
今春より、ゲートタワーIGT クリニックに非常勤医師として、外来を担当する事になった田中一先生に講師を務めていただきます。
受け身でない、「自分の人生」を生き、充実した毎日を送る為に、食べ物に目を向けてみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

◆IGT講演会・RIMEPオープンセミナー◆
『 食事を変えれば人生が変わる!=積極的治療法としての食事療法=』
講師: 田中 一(きのくに漢方クリニック 院長)
日時:平成23 年7 月9 日(土) 14 時-15 時
場所:大阪府泉佐野市りんくう往来北1 番
りんくうゲートタワービル 14 階 会議室

◆療養相談会◆
15時-15時30 分

参加費;無料

<アクセス>
●電車 ・・・南海電車「なんば」駅より関西空港行き 「りんくうタウン」駅下車すぐ。
空港急行で約40 分、ラピートで約30 分。
JR「天王寺」駅より関空快速約40 分
● 車 ・・・阪神高速湾岸線、「泉佐野南」出口降りてすぐ。
阪和自動車道、泉佐野ジャンクションから関空道へ「泉佐野」出口降りてすぐ。
お問い合わせ先
ゲートタワーIGTクリニック  電話: 072-463-0855
 
共催: ゲートタワーIGT クリニック / NPO りんくうメディカルプラザ

 


投稿者 : webadmin 投稿日時: 2011/05/28 (2352 ヒット)

ムック「免疫を高めるとガンは自然に治る」でも紹介されている「セルフ治療」を岡本裕医師がわかりやくお話しします。

【公開市民講座】 6/ 22 (水)  13:00〜  (新大阪・コミュニティルーム1124)
「免疫力を高める方法、"セルフ治療"について!」

「セルフ治療」」は、e-クリニックの考え方の基本ですが、自己治癒力を高めることを目的としていますので、がんの方以外の方にとっても、とても有益なものです。

※申込みやお問い合わせは、こちらからお願いします。


投稿者 : webadmin 投稿日時: 2011/05/12 (5340 ヒット)

 

免疫学の世界的権威・安保徹教授と
ベストセラー『9割の病気は自分で治せる』の
岡本裕医師が教える「真実の病気治し」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のパートはさておき、安保先生のパートは出色です。(岡本裕)

人は、どうして、どのようにして病気になるのか? 
どのようにして病気を治していけばいいのか?
そして、どのようにすれば病気を防げるのか?


これらを具体的に非常にわかりやすい言葉で
明解に説明しています。
きっと星の数ほどある安保著書の中でも、
わかりやすさの点ではピカイチではないでしょうか?!
一度じっくりと読んでいただければと思います。
きっと病気に対するイメージが一変すること
請け合いです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


安保徹 / 岡本裕 著
マキノ出版


 

本書に登場する主な病気

ガン、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・気管支ぜんそく・花粉症)、糖尿病、高血圧、頭痛、腰痛、ひざ痛、不眠症、緑内障、突発性難聴・メニエール病、痛風、関節リウマチ、脂肪肝・胆石症・胆管炎・胆嚢炎、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎・クローン病、過敏性腸症候群、過敏症(化学物質過敏症・線維筋痛症)

安保徹教授のプロフィール

新潟大学大学院歯学総合研究科教授(国際感染医学講座免疫学・医動物学分野)。
1947年、青森県生まれ。東北大学医学部卒業。米国アラバマ大学留学中の80年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。89 年、胸腺外分化T細胞の存在を発見。96年、白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。国際的な場で精力的に研究成果を発表し続け、免疫学の最前線 で活躍している。
著書に『「薬をやめる」と病気は治る』『病気を治す「体の声」の聴き方』『ガンは自分で治せる』(以上、マキノ出版)、『免疫革命』(講談社インターナ ショナル)、『疲れない体をつくる免疫力』(知的生き方文庫)、共著に『パーキンソン病を治す本』『マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学』(以 上、マキノ出版)、『ガンは治る治せる』(花伝社)、監修したムックに『「免疫を高める」とガンは自然に治る』『「免疫を高める」と病気は勝手に治る』 (以上、マキノ出版)などがある。

 

この書籍は、「いいものばかり」でも販売しています。
/www.e-mono-shop.info

 


投稿者 : inoue 投稿日時: 2011/04/11 (1775 ヒット)

4/13(水)13:00から、公開市民講座「中国伝統医学ってなに?」を行います。

中医(中医学)とは「中国伝統医学」の略で、日本の漢方とは、似て異なるものです。 
中医学と日本漢方はどちらも生薬を用いるため、混同されがちですが、中医学で使う生薬の処方は、日本漢方のそれに比べ、種類・量ともに多く、また患者を診断する方法にも根本的に大きな違いがあります。
気の流れが滞ると病気になると言うのが中医学の病気の考えであり、「気の変化」が病気と言う現象になって表れる状態変化であると考え、この状態変化を戻して行くのが中医学の考え方。

少しでも中医に興味を持たれた方、おいでください。
中医とは、どういったものかを中医担当スタッフがわかりやくお話しします。

>>公開市民講座


投稿者 : webadmin 投稿日時: 2011/03/15 (1985 ヒット)

記事「ENM(エンザミン)に新たな生理活性がみつかる!」の資料「エンザミンの線溶活性亢進効果」を和訳に差し替えました。


« 1 ... 48 49 50 (51) 52 53 54 ... 58 »
Copyright (c) 2001-2010 e-clinic All Rights Reserved.